政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は1日の参院内閣委員会で、新型コロナの感染状況の指標が最も深刻な「ステージ4(感染爆発)」で東京五輪・パラリンピックを開催すれば、「さらに医療に負担がかかるリスクがある」との認識を示した。立憲民主党の杉尾秀哉氏への答弁。
 尾身氏はまた、五輪時に来日する報道関係者やスポンサー、政府関係者に関し「選手に比べて(感染対策の)プレーブックを順守してもらうことが難しい」と述べ、対策の徹底を求めた。 (C)時事通信社