東京五輪に参加する日本選手団への新型コロナウイルスのワクチン接種が1日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター敷地内で本格的に始まった。
 国際オリンピック委員会(IOC)から無償提供されたワクチンを使用。各競技団体のチームドクターが打ち手となり、初日はサッカーなど六つの競技団体の選手と選手団役員ら約200人に接種した。
 選手団長を務める日本オリンピック委員会(JOC)の福井烈専務理事は接種後に取材に応じ、「一般の接種とは別に進め、医療体制に影響を及ぼさないのが大前提。選手を守るだけではなく、日本社会に対しての感染防止にもつながる取り組み」と強調した。選手団総監督の尾県貢JOC選手強化本部長は「選手からは、これで安心して練習、競技ができるとの声も聞いた」と意義を語った。
 五輪が開幕する3日前の7月20日ごろまでに、希望する約1600人の2回接種が完了する見通し。JOCによると、海外が拠点で日本に住民票のない選手は接種の対象外という。 (C)時事通信社