2020年度の生活保護の申請件数は前年度比2.3%増の22万8081件(速報値)となったことが2日、厚生労働省の調査で分かった。申請件数が前年度を上回るのは、リーマン・ショックの影響を受けた09年度以来、11年ぶり。
 厚労省は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長引き、厳しい雇用情勢が続いているとみている。
 また、同省によると、生活保護の3月分の新規申請件数は前年同月比8.6%増の2万2839件(速報値)。前年同月比で申請件数が増加するのは昨年9月から7カ月連続となった。 (C)時事通信社