加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの企業や大学などでの「職域接種」に関し、「詳細な資料を提示し、先行事例を共有するといった支援を行う」と述べた。その上で、具体的な支援内容を速やかに検討し、提示する考えを示した。
 また、経団連の十倉雅和会長が接種に全面協力する方針を示したことについては、「経済界とよく連携しつつ、一日も早く多くの皆さんにワクチンが行き渡るよう全力で取り組んでいきたい」と語った。 (C)時事通信社