日銀の安達誠司審議委員は2日、オンライン形式で記者会見し、新型コロナウイルス流行下での金融政策の変更について「不確実性やリスクが高い」と述べ、現行の大規模緩和策を粘り強く続ける必要性を強調した。理由として、コロナ禍の影響で経済活動が正常化しておらず、金融政策の効果が見極めにくい点を挙げた。 (C)時事通信社