ANAホールディングスは2日、全日本空輸と格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)が8月下旬に国内線の一部路線でコードシェア(共同運航)を始めると発表した。2社はいずれもANA傘下。コロナ禍による旅客の減少で業績が悪化する中、全日空の販売力を生かしてピーチが運航する路線の搭乗率を高め、収益向上につなげたい考え。
 コロナワクチン接種の進展で期待する需要の回復に備え、国内路線網を維持する狙いもある。 (C)時事通信社