大学を会場とする新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、政府が国立や私立の15大学で、他の大学に先行して実施する方向で検討していることが2日、関係者への取材で分かった。うち10大学は、接種会場に加えて医師ら医療従事者も提供可能といい、政府が早期の接種開始に向け、最終的な調整を進めている。
 医療従事者も用意できる10大学は、東北大(仙台市)や広島大(広島県東広島市)など国立8大学と、日本歯科大(東京都千代田区)など私立2大学。
 残り5大学は、いずれも国立の帯広畜産大(北海道帯広市)、宇都宮大(宇都宮市)、豊橋技術科学大(愛知県豊橋市)、滋賀大(滋賀県彦根市)、京都工芸繊維大(京都市)で、施設のみ提供可能という。
 各大学は取材に、「積極的に協力したい」(広島大)、「自治体からの要請があれば対応したい」(日本歯科大)などと話した。ただ、ワクチンの打ち手の確保などの課題もあり、先行接種を実施する大学の数は変わる可能性がある。
 政府は1日、自治体が進める高齢者向けの接種と並行し、企業や大学での職域接種を21日から始めると公表。大学での接種は、当該大学に通う学生と教職員のほか、周辺の幼稚園・小中高校の教職員らも対象とする方向で調整している。 (C)時事通信社