【ビジネスワイヤ】分析機器の米ウォーターズコーポレーションは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ウイルスのペプチドを検出・定量化する研究用SARS-CoV-2・LC-MS(液体クロマトグラフィー・質量分析法)キットを発表した。同キットは抗ペプチド抗体濃縮サンプル前処理法のSISCAPAを使用するもので、PCR試薬サプライチェーンへの負荷軽減に役立つ。下限3amol/Lで1試料当たり2分以内に原因ウイルスSARS・CoV-2のヌクレオカプシド(NCAP)タンパク質に由来する3種のペプチドを検出・定量できる。さらなる研究が必要であるものの、感染症研究のさまざまなバイオマーカーに適用できる可能性がある。(C)時事通信社