政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は3日の参院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピックについて「開催すれば国内の感染、医療の状況に必ず影響を起こす」と指摘した。その上で、五輪開催に伴う感染リスクの評価や対策を、近く専門家で取りまとめる考えを示した。
 尾身氏は「本来はパンデミックのところで(五輪を)やるのが普通でない」と改めて強調。「感染リスクや医療逼迫(ひっぱく)の影響を評価するのがわれわれの責任だ。早い時期に考えを表明しようと思う」と述べた。
 また、五輪に伴う人の移動が感染を広げる可能性にも触れ、「規模をなるべく小さくする」ことを求めた。立憲民主党の打越さく良氏への答弁。 (C)時事通信社