加藤勝信官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が現在の感染状況下での東京五輪開催を「普通はない」と発言したことについて、「感染拡大防止に全力を尽くすとともに、対策を関係者と一丸となって進めている」と述べ、開催方針に変わりはないとの考えを示した。
 加藤氏は「国民に安心して大会を迎えていただくようにするため、具体的な感染対策を徹底していく」と強調。五輪開催の意義に関しては「震災から復興した姿を見せること、コロナを克服し、世界規模の課題を解決する能力を示していくこと」などと説明した。 (C)時事通信社