経済同友会の桜田謙悟代表幹事は3日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック開催について、新型コロナウイルスワクチンの接種加速で感染状況が改善されても「無観客が限界だと思う」との考えを示した。「国民が不安に思っているのは事実だ」とも述べ、政府に対し安全に開催できるかどうかの具体的な基準を示すよう求めた。
 桜田氏は、無観客でもデジタルを駆使した過去に例のない大会を実現する技術を日本は持っていると指摘した。ただ、開催で感染拡大が想定される場合には「残念ながら諦めるしかないというのが合理的な判断だ」と語った。 (C)時事通信社