茂木敏充外相は4日の記者会見で、新型コロナウイルス感染が急拡大している台湾に対し、日本が確保している英アストラゼネカ製ワクチン124万回分を供与すると発表した。成田空港発の日本航空便で輸送し、同日中に台湾に到着する見通し。迅速さを重視し、国際的な枠組みを通さない2国間支援とする。
 茂木氏は、台湾が東日本大震災の際にいち早く日本に義援金を送ったことが「日本の人々に鮮明な記憶として残っている」と指摘。今回の供与は「台湾との重要なパートナーシップや友情を踏まえた」と明らかにした。
 台湾はワクチン調達が難航しており、中国による妨害を理由の一つに挙げている。こうした中での日本からの直接提供は、中国による「ワクチン外交」をけん制する狙いもありそうだ。
 日本はアストラゼネカ製を1億2000万回分確保しているが、まれに血栓が生じる報告があり、使用を見合わせている。茂木氏は台湾やその他の国・地域への今後のワクチン提供について「感染状況やニーズ、日本との関係を考え判断したい」と述べた。 (C)時事通信社