文部科学省は4日、来年1月の大学入学共通テストの追試験について、新型コロナウイルス対策として、今年同様に本試験の2週間後に実施すると発表した。今年は全都道府県に追試会場を設置したが、来年については秋をめどに決めるという。
 来年の共通テストは1月15、16日。追試験は29、30日に行われる。今年は一斉休校による学習遅れに配慮し、出願時に「第2日程」として追試日程を選択できたが、来年は取りやめる。
 文科省は4日付で、今年度の大学入試に関する実施要項を通知。各大学が行う個別入試でも、追試験の設定などを求めた。また、個別入試の中止など、受験生に不利益を与える恐れのある変更を8月以降は行わないよう要請した。
 萩生田光一文科相は同日の閣議後記者会見で、「仮に濃厚接触者などに指定されても、チャンスを確保する意味では(2週間は)必要な時間軸だと判断した」と説明。会場数については「状況を見ながら柔軟に対応したい。受験生のニーズがあれば、できる限り近い所と考えている」と話した。
 前身の大学入試センター試験の追試は全国2カ所の会場で、本試験から1週間後に行われていた。今年は受験生の移動によるリスクを避けるため、全ての都道府県に設置し、間隔も2週間とした。 (C)時事通信社