新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年末から休園していた上野動物園(東京都台東区)が4日、約5カ月ぶりに再開した。感染防止のためインターネットか電話による事前予約制とし、1日当たりの入場者を2000人に限る。
 12日に4歳の誕生日を迎える雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」は、中国への返還が12月末まで再延長されたことが3月に発表されてから初のお目見え。「3密」を避けるため立ち止まっての観覧はできず、撮影も禁止された。
 あいにくの雨の中、午前9時半の開園前から門の前にはパンダ柄の傘を差した人など約180人が列をつくった。休園前最後の日にも来たという東京都武蔵野市の会社員村野美弥子さん(50)は「やっぱりかわいかった。見ているだけで幸せ」と笑顔。府中市の会社員田中裕子さん(38)は「すごく大きくなって、見たら胸がいっぱいになった」と涙ぐみながら話した。
 昨年12月26日以降、葛西臨海水族園(江戸川区)など他の都立施設と共に休園が続いていた。今後は当面、毎週土曜午前9時から翌週分の予約を受け付ける。 (C)時事通信社