菅義偉首相は4日、和歌山県の仁坂吉伸知事と首相官邸で面会した。新型コロナウイルスワクチンの接種率が全国1位となった県の取り組みについて「よくやってくれてありがとう。和歌山県のように頑張ってやってくれるところは全国の励みになる」と歓迎した。
 仁坂氏は、接種率が高い自治体へのワクチンの傾斜配分が決まったことに謝意を伝えつつ、将来的な追加配分を要望。首相は前向きに応じた。 (C)時事通信社