【ハノイ時事】世界保健機関(WHO)ベトナム事務所のパク所長は4日、ベトナム政府が見つけたと公表した新型コロナウイルスの「新たな変異株」を否定した。「これまでに集めた証拠に基づくと、新たな変異株ではない」と述べた。ベトナムのロン保健相は5月下旬、インド型と英国型の特徴を併せ持つ新たな変異株が見つかったと説明していた。
 所長は「ハイブリッド(混合)型ではなく、デルタ株(インド型)の追加的な変異だ」と説明。他の変異株でも同様の現象が見られていると指摘し「デルタ株で見られた追加変異の特徴について、結論付けるのは時期尚早だ」と述べた。 (C)時事通信社