東京都の小池百合子知事は4日の定例記者会見で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が東京五輪・パラリンピック開催に伴う感染拡大に強い懸念を表明したことについて「来日する関係者の削減、行動管理、健康管理の三つの徹底の具体化を進めている」と述べ、開催に理解を求めた。
 小池氏は、都が行うパブリックビューイング(PV)や聖火リレーに関しても「大会組織委員会のガイドラインや感染状況などを踏まえた準備や調整となる」と説明。記者からはPVの実施で人出が増加する可能性も指摘されたが、「いろいろな考えがあると思うが、ガイドラインに沿って事前予約などの工夫をしている」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社