【ロンドン時事】先進7カ国(G7)財務相会議が4日(日本時間同日夕)、ロンドンで開幕した。対面で同会議が公式に開催されるのは2019年7月以来、約2年ぶり。焦点となっている新たな国際課税ルール作りに向け、G7としての合意へ大詰めの協議を行う。また、新型コロナウイルス禍が長期化する中、世界経済の回復へ協調姿勢を打ち出す方針だ。
 英国が議長国を務め、日本からは麻生太郎財務相が出席。会議は2日間行われる。先週末に実施した財務相と中央銀行総裁によるテレビ会議も踏まえ、来週の首脳会議に向けて共同声明のとりまとめを目指す。 (C)時事通信社