政府は、日本国内で製造された英アストラゼネカのワクチン124万回分を台湾に供与した。新型コロナウイルスの感染が急速に拡大し、ワクチンの確保が難航している台湾に対し、国際機関を経由させない迅速な対応となった。「ワクチン外交」を進める中国に対抗する狙いもある。
 茂木敏充外相は4日の記者会見で、「ワクチンの分野でも日本としてしっかりリーダーシップを発揮したい」と強調した。
 台湾はこれまで感染抑止に成功し、コロナ対策の「優等生」とされてきたが、5月に入って感染者数が急増。一方、ワクチン確保は進まず、台湾当局は「中国が調達の障害になっている」との見方を示していた。 (C)時事通信社