東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は4日の定例記者会見で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が東京大会の開催目的の説明が必要との見解を示したことについて、「世界が直面する課題は共通なものが多い。世界が注目する東京大会が、安心安全を考えながら(コロナ禍を)乗り越えていくという姿(を示すこと)が東京大会の使命だと思う」と述べた。
 橋本氏は大会の意義について、「日本の科学技術を発信する最高の機会であることを含め、スポーツの枠を超えた大きなコンテンツとして世界に発信することが、国の今後のレガシーになるという位置付けで活動してきた」とも語った。
 尾身会長は大会開催に伴う感染リスクの評価を政府に提言する意向。橋本氏は専門家の見解が観客数の上限決定の判断に影響するかを問われ、「提言を受けて政府がどのような基準を示すか。政府の基準にのっとって適切に進めたい」と述べた。 (C)時事通信社