日本航空は4日、グループの国内線全線でマイル会員を対象に実施している新型コロナウイルスのPCR検査サービスを延長すると発表した。今月末としていた搭乗期間を、来年1月10日まで延ばす。来月1日搭乗分からは、国内線の全利用者に対象を広げ、価格は1980円(現在2000円)とする。利用回復につなげたい考えだ。
 3月に医療機関の「にしたんクリニック」(東京)と連携してサービスを始めた。自宅に検査キットが届き、唾液を採取して返送する仕組みで、検査結果はメールで通知する。申し込みは搭乗7日前まで。 (C)時事通信社