全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは4日、新型コロナウイルス対策をめぐり西村康稔経済再生担当相とテレビ会議を開き、地方での変異ウイルスの検査体制を拡充するなど、対応を強化するよう要請した。
 飯泉氏は、インドで流行する変異株の感染拡大を危惧する地方側の意見を紹介し、国に水際対策の徹底や入国者に関する情報の提供を求めた。事業者支援に充てる自治体向け地方創生臨時交付金に関しては「ほぼ配分額を使っている」と述べ、速やかに追加配分するよう働き掛けた。
 これに対し、西村氏は「インド株の感染が広がる恐れがあるということで、監視体制や水際対策を強化してきている」と強調。飯泉氏によると、臨時交付金については「状況に応じてしっかり対応する」との回答があったという。 (C)時事通信社