広島大は4日、東広島キャンパス(広島県東広島市)の体育館で新型コロナウイルスワクチンの接種を始めると発表した。21日からの予定で、対象は同大の学生や教職員ら約1万8000人。
 東広島市と共同で実施し、同大病院などの医師や歯科医師、看護師らが1日当たり約20人、問診や接種などに当たる。接種後の健康管理や、国が提供するモデルナ製ワクチンの管理なども同大が行う。市は会場設営や当日受付を担当する。
 学生は接種券がなくても受けられ、定期健診のオンラインシステムを改修して予約に使う。1週間で最大約6500回の接種を想定している。
 記者会見した越智光夫学長は「危機的状況にある自治体の医療に貢献すべく、率先して頑張っていきたい」と意気込みを語った。
 医学部がある私立の近畿大も4日、学生ら約2万5000人と教職員約3000人を対象に、東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)でワクチン接種を始めると発表した。21日の週からを予定しており、近大に所属する医師や看護師が接種を担当するという。
 大阪大も、21日から学生や教職員計約3万6000人を対象に接種を始める予定。大阪市立大、大阪府立大も計約1万7000人に接種を進める。 (C)時事通信社