ロンドンで開かれていた先進7カ国(G7)保健相会合が4日、「G7保健大臣宣言」を採択し、閉幕した。新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の承認プロセス迅速化へ向け、各国が連携を強化することなどが盛り込まれた。
 会合は3日始まり、日本からは山本博司厚生労働副大臣がオンラインで参加。新型コロナの予防・治療法の確立に向け、臨床研究(治験)の在り方などが議論された。 (C)時事通信社