岸信夫防衛相は5日、大阪市北区の大阪府立国際会議場を訪れ、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターを視察した。岸氏は接種の一連の流れについて説明を受けた後、医官や看護官らと意見交換した。
 岸氏はその後、「自衛隊の組織力を十分に発揮し、円滑に接種を進めていることを確認できた」と記者団に語った。その上で、7日から大阪会場の接種対象が京都府と兵庫県に住む高齢者にも広がることを踏まえ、「一人でも多くの方に一日でも早く接種を受けていただけるよう全力で取り組んでいく」と強調した。 (C)時事通信社