群馬県は6日、米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンの大規模接種を行う県営の「東毛ワクチン接種センター」(同県太田市)で、同日午前に来場した同県館林市の60代女性に2回ワクチンを接種するミスがあったと発表した。健康観察を続けているが、女性に体調の変化は見られないという。
 県によると、女性は1回目の接種後、経過観察のための部屋に入るはずが、誤って別の予診・接種ブースに入室。女性の予診票には1回目接種の際に別の医師が既にサインしており、接種済みを示すシールも張られていたが、医師や事務員は見過ごしたり気付かなかったりして2回目の接種が行われたという。
 2回目の接種後、事務員が予診票にシールが張られていたことに気付いて重複が発覚した。県新型コロナワクチン接種推進局は「あってはならないミスで、心からおわび申し上げる」と陳謝。今後、接種後の誘導や接種時の予診票チェックなどを徹底し、再発防止に努めるとしている。 (C)時事通信社