埼玉県の大野元裕知事は7日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック期間中のパブリックビューイング(PV)を中止すると発表した。県は「大宮ソニックシティ」(さいたま市)など県内2カ所にPV会場の開設を計画してきたが、多くの人が集まって競技を観戦すれば、新型コロナウイルスの感染拡大を招きかねないと判断した。
 大野知事は中止の理由について「感動と興奮を共有する意義と(感染拡大の)リスクを総合的に勘案した」と説明。また「主催者として判断せざるを得なかったが、大変残念だ」と述べた。 (C)時事通信社