プロ野球の12球団代表者会議が7日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルスワクチンの職域接種をスポーツ庁に要望することで合意した。球団のグループ会社としての対応などもあるため、運営手順は早急に検討していく。
 実行委員会ではワクチン接種の副反応による体調不良で出場選手登録を抹消される場合は「感染拡大防止特例2021」の適用となり、今季に限り連続試合出場記録は継続となることを決めた。 
 午前に行われたサッカーJリーグとの「新型コロナウイルス対策連絡会議」で、斉藤惇コミッショナーはワクチンについて「積極的に選手や関係者も打っていくような制度にしたい」と話した。(C)時事通信社