Jリーグの村井満チェアマンは7日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種が今月21日から始まることを受け、各クラブが適用可能か検討を進める考えを示した。
 7日開かれたプロ野球との「新型コロナウイルス対策連絡会議」後の会見で、「Jリーグのクラブが職域に当たるのかどうか、行政に確認しながら、可能であるなら社会のコンセンサスの中で進めていきたい」と話した。 
 政府は地域の負担軽減とワクチン接種の加速化を図るため、企業や大学などの職域接種を計画している。(C)時事通信社