全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は7日、新型コロナウイルス対策をめぐり田村憲久厚生労働相とテレビ会議を開いた。終了後に記者会見した飯泉氏によると、田村氏は感染者が増加した場合、近隣の都道府県で受け入れる広域搬送の仕組みを検討する意向を示した。
 田村氏は冒頭、都道府県が相互に新型コロナの患者を受け入れることが重要になるとの認識を示した。
 これに対し、飯泉氏は、徳島県などが参加する関西広域連合のように、県境をまたいだ患者の受け入れを既にルール化しているケースもあると説明。また、患者が離れた地域に移動することについて、家族の同意を得るのが難しいといった具体的な課題も挙げた。田村氏は「厚労省としてもしっかり考えてみたい」と述べたという。 (C)時事通信社