加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、菅義偉首相が先進7カ国首脳会議(G7サミット)に出席するため10~14日の日程で英国を訪れると発表した。加藤氏は「新型コロナ対策、国際保健、世界経済、自由貿易、気候変動、地域情勢といった重要課題について積極的にG7の議論に貢献していく」と述べた。
 サミットは11~13日に英南西部コーンウォールで実施。首相のサミット出席は就任後初めてで、東京五輪・パラリンピック開催に向けた決意を示す方針。首相は滞在中、バイデン米大統領やジョンソン英首相らとの個別会談も行う方向で調整している。 (C)時事通信社