【ビジネスワイヤ】医療機器メーカーの米ゾール・メディカル・コーポレーションは、体温管理ソリューションを提供するシンガポールのグローバル・ヘルスケアSGとの間でアジア太平洋地域における独占販売契約を締結したと発表した。ゾールは、シンガポールとインドネシアを除くアジア太平洋地域で、グローバル・ヘルスケアSGのポータブル身体冷却ソリューションであるカーボンクール・フル・ボディー・スーツとコンフォート・スーツを独占的に販売する。いずれも、独自のカーボンクール技術を用いた着衣型のアウターウエアで、熱中症の治療で深部体温を目標温度まで迅速に下げる際や、消防士や爆発物処理班などが身を守るために使用することができる。(C)時事通信社