萩生田光一文部科学相は8日の閣議後記者会見で、小中学生への新型コロナウイルスのワクチン接種について、「直ちに集団接種(が必要)とは考えていない」と述べ、慎重な姿勢を示した。高齢者や基礎疾患のある人への接種を優先した上で、子どもに行う場合は保護者の同意を得るよう呼び掛けた。
 厚生労働省は1日から、米ファイザー製のワクチンの接種が可能な年齢を12歳以上に拡大。12~15歳も無料で接種が受けられるようになった。
 萩生田氏は「小学校で6年生だけに打つのが現実的なのか、発達段階の子どもたちへのワクチンの量が、体の大きさに関係なく大人と同じでいいのか」と指摘。小中学校への集団接種の必要性に関し、近く有識者から意見を聴取する考えを示した。 (C)時事通信社