新型コロナウイルス感染者らが自宅やホテルで療養中に郵便投票を可能にする特例法案をめぐり、条文にミスが見つかった。8日の衆院本会議で採決される予定だったが、立憲民主党など野党が反発。衆院議院運営委員会は理事会で、同日は見送ることで一致した。10日の本会議で採決する。
 法案は与党と日本維新の会が提出。衆院法制局が8条の1カ所に誤りを見つけた。「以下この条において同じ」とすべきところが、「この項」となっていた。 (C)時事通信社