政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、8日の参院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピック開催に伴う感染リスク評価について、「国際オリンピック委員会(IOC)にも日本の状況を知ってもらい、理解してもらうのが大事だ。われわれのメッセージをIOCに伝えてほしい」と述べた。立憲民主党の田島麻衣子氏への答弁。
 尾身氏ら専門家は近くリスク評価や対策を取りまとめる。提出先は未定だが、東京都などへの緊急事態宣言の期限である20日までに出すという。 (C)時事通信社