立憲民主党の安住淳国対委員長は8日の党会合で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長による東京五輪をめぐる発言を丸川珠代五輪担当相が「別の地平から見てきた言葉」と評したことに関し、「失礼極まりない。問責に値する発言だ」と非難した。
 原口一博副代表も「専門家の方々を都合の良いときは権威付けに使い、都合が悪くなると『別の地平』だと言っておとしめる」と批判した。 (C)時事通信社