山形県朝日町にある世界で唯一空気を祭る空気神社で5、6の両日、「空気まつり」が2年ぶりに開催された。新型コロナウイルス対策で規模は縮小されたものの、2日間で約1300人が訪れた。
 同町では、国連が定める世界環境デーに合わせて6月5日を「空気の日」と制定。祭りに参加した人に、清潔な空気のありがたさを実感し、地球環境について考えるきっかけにしてもらいたい考えだ。
 訪れた人は、鏡板が設置された境内で空を仰いで深呼吸をしたり、祭りの日にだけ公開される地下の本殿を参拝したりして楽しんだ。
 同県東根市から訪れた会社員の菅原一妃さん(18)は「静かな本殿に入って空気の存在を改めて感じた。健康に過ごせるようにお祈りをした」と話した。 (C)時事通信社