国内外の半導体メーカー44社が加盟する世界半導体市場統計(WSTS)は8日、2021年の世界の半導体出荷額が前年比19.7%増の5272億ドル(約55兆8000億円)と、過去最高を更新するとの予測を発表した。高速大容量規格「5G」対応スマートフォンの普及などで出荷が増加。さらに、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んで世界経済が正常化に向かえば、幅広い分野で需要が拡大するとみている。 (C)時事通信社