東京都医師会の尾崎治夫会長は8日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催について「やるとすれば無観客しかない。(新型コロナウイルスの)感染状況によるが、中止という選択肢もあり得る」と述べた。人が集まるパブリックビューイング(PV)はやめるべきだとの見解も示した。
 尾崎会長は開催に関して「(1日の)感染者を100人ぐらいに抑えた状況でないと、難しいのではないか」と指摘。その上で「選手のためには開催してあげたい」とし、無観客を徹底すれば「できなくはない」と語った。 (C)時事通信社