日本政策金融公庫が8日発表した2021年3月期決算は、純損益が1兆372億円の赤字(前期296億円の赤字)となった。2年連続の赤字で、赤字幅はリーマン・ショック後の10年3月期(1兆1128億円の赤字)に迫る過去2番目の規模。新型コロナウイルス禍を受けた企業支援で、貸し倒れに備えた引当金や保険支払いの準備金を積み増したのが主因だ。 (C)時事通信社