丸川珠代五輪担当相は8日の参院文教科学委員会で、東京五輪・パラリンピックの全ボランティア約7万人に対し、新型コロナウイルスのワクチン接種を検討していることを明らかにした。「その方向で進んでいこうということで合意されている」と述べた。日本維新の会の松沢成文氏への答弁。
 大会ボランティアは、当初確保した約8万人のうち、約1万人が辞退している。 (C)時事通信社