【パリ時事】国際オリンピック委員会(IOC)は8日に理事会を開き、世界的な新型コロナウイルス感染拡大を理由に今夏の東京五輪不参加を決めた北朝鮮の出場枠を、他の国内オリンピック委員会(NOC)に再配分することを決定した。
 個人的な事情により、フレデリック皇太子(デンマーク)とノルディックスキー距離女子のキカン・ランドル選手委員(米国)がIOC委員を辞任することも承認した。 (C)時事通信社