株主総会をオンラインだけで開催できるようにする改正産業競争力強化法が9日の参院本会議で可決、成立した。新型コロナウイルス感染防止に加え、株主らの利便性向上を図る。
 株主総会は会場を定める必要があり、オンライン開催は会場と併用する形でしか認められていない。改正法では、経済産業相などの確認を得ればオンラインだけで実施できる特例を設ける。ただ、審議が遅れた影響で、今月の株主総会での適用は難しい情勢だ。
 政府が企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)や脱炭素への計画を認定し、税優遇などを講じる措置も盛り込んでいる。 (C)時事通信社
〔写真説明〕