9日の東京株式市場では、前日に続きエーザイ株に買い注文が殺到し、午前の取引が成立しなかった。7日に米バイオ医薬品大手バイオジェンと共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」が米国で承認されたことを受け、買い気配値は制限値幅の上限となる1万755円まで上昇したが、売り注文を買い注文が大幅に上回る状況が続いた。 (C)時事通信社
〔写真説明〕