政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は9日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピックのパブリックビューイング(PV)について「PVがあれば当然、(観客は)声を出したい」と述べ、観戦を通じた感染拡大に懸念を表明した。その上で「家でテレビを見るなど応援は他の方法でもできる」とし、PVの開設は見合わせるのが望ましいとの見方を示した。立憲民主党の早稲田夕季氏への答弁。
 一方、田村憲久厚労相は、同委で大会開催に絡み「選手間で大幅な感染拡大があれば、当然、競技自体ができなくなるから、その競技をやるのはあり得ない。状況に応じて大会組織委員会が考えると思う」と言及。感染状況を踏まえ、競技ごとに開催の可否を判断するとの考えを示した。同党の長妻昭氏への答弁。 (C)時事通信社