【ビジネスワイヤ】創薬・医薬品開発サービスの米クラウン・バイオサイエンスは、アメリカン・タイプ・カルチャー・コレクション(ATCC)および米国立衛生研究所(NIH)と細胞株供給の5年ライセンス契約を締結したと発表した。供給を受ける細胞株は、ATCCから140種以上、将来的にさらに4000種、NCIから100種となる。供給契約により、同社の顧客は以前よりも容易に細胞株を入手して、創薬のための大規模スクリーニングを実現できる。(C)時事通信社