愛知県の大村秀章知事は9日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックのパブリックビューイング(PV)を開催しないよう、県内の関係団体に通知を出したことを明らかにした。職場や学校、飲食店などでのPV開催は、感染拡大のリスクを伴うとしており、感染防止への協力を呼び掛けた。
 通知は同日付で、医療、経済団体などの代表らからなる県の新型コロナ対策本部員会議の構成員と、県内市町村長宛て。大村氏によると、PVを計画中の豊田市など15市には、既に県が自粛を要請したという。 (C)時事通信社