菅義偉首相は9日夜、初の党首討論に関し、「新型コロナウイルス対策、東京五輪・パラリンピックについて、私の考え方を丁寧に説明した」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 1964年の前回東京大会にも触れ、「57年前の大会で初めてパラリンピックという名称が付いた。障害者の皆さんが共生社会を実現していく大きな契機になった」と語った。 (C)時事通信社