【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)などは9日、米政府が世界への供与分としてファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン5億回分を購入すると報じた。先進7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれる英国で、バイデン大統領が10日にも表明する見通し。
 報道によると、2億回分は年内に、3億回分は来年前半に供与する。国際共同調達制度「COVAX(コバックス)」を通じて、対象国は100カ国近くに上る。ファイザー社は「非営利価格」でワクチンを提供する方針で、ブーラ最高経営責任者(CEO)がバイデン氏の発表に同席する。 (C)時事通信社