【ビジネスワイヤ】米金融大手シティグループは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に関連して、金融市場と投資についての2021年半期見通し報告書「COVID後の世界への旅―ニュー・エコノミーのための新たなポートフォリオ」を発表した。同報告書によれば、政府による迅速で手厚い刺激策とワクチンの有効性により経済は力強く回復し、投資家には新たな短期・長期の機会がもたらされる。また、デジタル化、気候変動、米中の競争激化、政府の支出政策により諸産業の再構築が行われ、多くの企業に新たな成長可能性がもたらされる見通し。(C)時事通信社